多くの財団と奨学金

現在、高校を卒業し、大学や専門学校等に通う際、奨学金を利用している人も増えています。
過去にも多くの人の利用がありました。多くの財団があり、制度の内容も多様性があります。
奨学金は、進学したいけど経済状況が芳しくないときなどに、生徒本人が奨学金の財団から自分でお金を借りて返済していくという制度です。
優れた学力を持っている場合、経済的に負担をかけず、給付してもらうことができます。
奨学金をもらうにあたり、連帯保証人が必要になります。返還を延滞してしまうと、保証人に迷惑がかかることがあるので、しっかり返済していく義務があります。
自分でお金を借りて勉強に励むので、やる気や向上心のある人にとっては最適の制度です。
財団によって受給資格はさまざまですが、多くのところが進学の意思が強い人に給付を行います。

奨学金は、給付奨学金や貸与奨学金があります。
給付奨学金は、社会に出ても返還の必要がないものです。
通常、貸与との併用はできなく、給付の金額も財団や自治体、企業によって様々です。
給付を受ける際には条件がある場合がほとんどなので、事前に調べる必要があります。
貸与奨学金は、学校を卒業後返還義務のあるものです。
返還義務があるので、家族とともに考えて申し込むことが大切です。
財団や給付の種類によって、無利子のものから利子の発生するものまでさまざまです。
利子も一律ではないので、よく財団や給付内容、返還利子等を調べて納得の上で、受給できるようにしましょう。

財団からではなく、国費で奨学金が付与される場合もあります。
防衛省が行っているもので、自衛隊に勤務する意思のある人に対して、学資金を貸与していくものです。
自衛隊員となって4年を経過し、条件を満たしている場合は、返還の全額免除や一部免除になります。
状況によっては賃貸の中止が発生することもあります。
自衛隊に特化したものなので、それ以外のところに進学を希望している場合は、財団を利用して給付を受けることが一般的のようです。
多くの財団や給付内容があるので、情報を収集し、自分の進路に沿った給付を希望しましょう。

審査内容

奨学金には、返済能力や収入面を基準にしておらず、経済的に困っていて学業に積極的であるかが審査の基準です。財団によっては、審査内容が厳しい場合もありますが、学生本人に返済義務があるので審査には影響しません。

返還するにあたり

奨学金を返済するにあたり、財団によっても異なりますが、多くの場合が卒業後6カ月経過後に返還が発生します。返済ができない場合は届け出をだすことで猶予期間が発生するので届け出を出すことは大切です。

海外留学

奨学金には海外留学に関するものもあります。留学を目指すにあたり、多くの費用がかかるので利用する人は多いようです。多くの財団が海外留学を支援しているので比較して選ぶことが大切です。

オススメリンク

  • 信頼できる決済代行会社を見つけましょう。情報漏洩のリスクがあったり、倒産の可能性がある会社に依頼することの無いように注意が必要です。

ピックアップ